不動産の確定申告|川口・草加・越谷・浦和美園

不動産について行う確定申告は、大きく分けて2つあります。

土地や建物を 貸した 場合の賃貸料収入 → 不動産所得
土地や建物を 売った 場合の譲渡収入  → 譲渡所得

それぞれについて詳しくご説明します。

不動産の確定申告記事一覧

不動産所得(賃貸料収入)アパート、マンション、一戸建て、駐車場、土地の賃貸などの賃貸料収入が対象となります。賃貸料や更新料、礼金などの収入金額から、減価償却費、固定資産税、修繕費、借入金利子などを控除して計算します。確定申告では申告書と一緒に収支内訳書(白色申告の場合)や損益計算書(青色申告の場合)を提出します。このときに収入の内訳(賃借人ごと)、減価償却費の計算明細、借入金利子等について細かく記...

売却益の注意点:取得費、譲渡費用土地や建物などの不動産を売った場合の確定申告についてご説明します。所得税や住民税は、不動産を売って得た利益(売却益)に対して課されます。売却価格−(取得費+譲渡費用)=売却益(譲渡所得) となります。取得費は、土地や建物を買った金額(建物については経過年数などによる減価償却分を差し引きます)譲渡費用は、土地や建物を売るために直接かかった費用です。土地や建物を売るため...